お問い合わせTOPへブログへ >>BY Loros Bird Farm
▼TOP >初めて飼われる方へ >鳥を飼うとは >各鳥種の紹介




●白色オウム

その名の通り、体が大きく、全身が白や黄色、ピンクといった淡い色に包まれたオウムの仲間です。人にスキンシップをとってもらいたがる子が多く、頭や体をなでてもらうととても喜びます。おしゃべりはあまり得意な方ではありませんが、いくつか言葉を覚えることもできます。芸達者でコミカルな表情や動き、冠羽を使った感情表現など激しい動きで魅せる子も多いです。基本は甘えん坊で寂しがり屋の子が多いので毛引きには注意が必要です。

▼こんな人にオススメ!
⇒初めての方でクセのない大型の鳥さんをお求めの方
⇒おしゃべりよりもスキンシップをお求めの方
⇒ある程度の防音対策ができる方






●コンゴウインコ(大型種)

よく映画で海賊が肩に乗せていたり、テレビCMやカラー広告の題材になることも多い、大きな体と赤や青や緑といった美しい色彩を持った大型のインコです。その大きな体に見合ったパワフルな鳥さんで、物をかじったり、ぶら下がったりとアクロバティックな激しい遊びが大好きです。見た目からは想像しにくいですが、なでられると床やお膝に寝転がって、そのまま眠ってしまったりすることもよくあります。おしゃべりは単発で短い方が得意ですが、明瞭に発声でき、白色以上によく言葉を覚えます。白色同様寂しがり屋で意外と毛引きも多く、声量や破壊力がある鳥さんなのでその点は注意が必要です。
▼こんな人にオススメ!
⇒犬が好きな方(性格はよく犬に似ていると言われます)
⇒防音対策ができる方(声量は鳥の中でもトップクラスです)
⇒一緒になって遊んだりおしゃべりしてみたい方
⇒大きくて綺麗で力強い鳥さんを求める方







●ボウシインコ
全体のカラーは緑が基本で肩から上を中心に黄色や赤や紫の色彩をもったとても美しいインコです。おしゃべりならヨウムにも負けず劣らず、よくおしゃべりもする元気の良い鳥さんです。スキンシップは白色ほど得意ではないですが、頭だけなら自分からカキカキしてもらうよう催促したり、そのままゴロゴロ横になって一緒に遊んだりします。独特のずんぐりした体型や可愛らしいまつげも魅力です。PBFDなどの恐ろしい病気にもかかりにくく、飼育されているどの種類よりも丈夫で長生きしている子が多い種類ですが、たまにガブッと噛んでしまったり、オンリーワンになってしまう子も多いのでその点は注意が必要です。
▼こんな人にオススメ!
⇒病気に強い丈夫な鳥さんをお求めの方
⇒スキンシップよりもおしゃべりをお求めの方
⇒陽気な性格で一緒にワイワイしたい方
⇒ある程度の防音対策ができる方






●ヨウム
全身がグレーで尻尾が赤一色と一見地味にみえますが、実は大型の鳥さんの中では一番人気のある鳥さんです。おしゃべりナンバーワンと言われる事も多いおしゃべり名人で、きちんとした訓練をしなくても、日常的に話しかけていると、勝手に会話の流れや時には単語の意味すら理解してしまうと言われています。雄叫び等がほとんどないので、マンションでもよく飼われているようです。スキンシップは苦手な方ですが、頭のかきかきは好きな子も多いです。やや神経質で毛引きしやすいので、びっくりさせたり、嫌なことはなるべく避けてあげる必要があります。また、カルシウム不足に陥りやすいので、日頃から日光浴やビタミンDとカルシウムなどが摂取できるサプリメントを与えるよう心がけます。他にも、特にヨウムは精製されていないパーム油を適量与えることで毛引きが治まったり、免疫向上の効果があるようです。
▼こんな人にオススメ!
⇒マンション住まいの方
⇒何よりもおしゃべりを求める方
⇒賢さを求める方





●参考:白色オウム・大型インコ種別比較表※当社取扱い鳥種のみ

←大きい                                    小さい→
声の大きさ
【白色】オオバタン タイハク アオメ×アルー クルマサカ パンダ アルー アカビタイ

【他】コンゴウ ボウシ ミヤマ オオハナ ズアカハネナガ ヨウム
動きの激しさ
【白色】アカビタイ パンダ アルー アオメ×アルー アオメ クルマサカ タイハク
    【他】ミヤマ ボウシ コンゴウ ズアカハネナガ オオハナ ヨウム
賢さ
【白色】アカビタイ パンダ コキサカ アオメ アオメ×アルー アルー タイハク
 【他】ミヤマ ヨウム コンゴウ ボウシ オオハナ ズアカハネナガ  
体の大きさ
【白色】オオバタン アオメ アオメ×アルー タイハク パンダ アルー コキサカ
【他】コンゴウ ミヤマ ボウシ ヨウム オオハナ ズアカハネナガ
おしゃべり能力
【白色】コキサカ パンダ アカビタイ モモイロ
【他】ヨウム ボウシ ズアカ コンゴウ オオハナ




最後に・・・

お迎えをお考えで、どの子を選ぼうか迷った時、実は一番重要になってくるのが種類ではなく、その子その子の性格です。

例えば同じ種類でも中にはまったく雄叫びをしないコンゴウインコやおしゃべりが苦手なヨウムなど一般的なイメージとは真逆の子もいます。また、雌雄の面でも、よく男の子は活発でおしゃべり、女の子はおとなしくて静かだと強調されますが、これについても当てはまらないことがよくあります。

このように実際は鳥も人と同じで十鳥十色であり、何よりもそれぞれの個性を尊重し、重要視することが人にとっても鳥さんにとっても幸福な選択であると考えます。

以上のことから、上記はあくまで一つの例として捉え、もしお迎えをお考えになり、気になる子がおりましたら、まずは一番身近にその子のお世話をしている人に聞いてみてください。きっと率直な意見でお答えして下さいます。

なお、上記はあくまでもロロスのスタッフが見てきた鳥さんの傾向を投影したものであり、まったく当てはまらない鳥さんも見えますのご了承くださいませ。



copyright © Since 2003 LorosBirdFarm all right reserved.