お問い合わせTOPへブログへ >>BY Loros Bird Farm
▼TOP >初めて飼われる方へ >鳥を飼うとは >ロロスの鳥!

どこよりも安心できる鳥たちを皆さまにお迎え頂く―。
それがロロスの一つの理念です。
そこでロロスの鳥たちがどのような環境でどのように育て上げられるのかをご紹介します。




●卵or初期段階のヒナから育て始めます


卵もしくは幼雛から育てることにより、より病気に対してクリーンな環境で育てることが出来ます。また育雛風景が見えない海外とは違い、ロロスでは成育環境もオープンにしています。それにより人と鳥両者の健康面や精神面での安心感や人への馴致のしやすさ、日本の気候に対して輸入鳥と比較し強い傾向も見られます。

     
※時には左の写真のように、予定より早く生まれてしまったため、親に少し育ててもらう場合もありますが、基本的には右の写真のように人工的に孵化をさせ育てるパターンが多くなります。(左→巣箱内部/右→生まれて一時間後の姿、共にオオバタン)





●徹底した飼育管理


ヒナは温湿度共に適切な値でなければ育ちません。また、健康的な親鳥でないと生まれても虚弱なヒナとなってしまいます。そこで温度や湿度の管理はもちろんのこと、親鳥に対してもしっかりとした栄養管理体制を行っています。「ロロスの鳥は濃い発色をしている」と言われる所以はこれら栄養管理やストレス状況により大いに左右されていると考えられます。

また、個体ごとに体重データやさし餌の変更日数、病歴や体調の変化などが記録され、毎年の積み重ねられたデータは更なる飼育向上のために役立てられます。その甲斐あってか、年々ヒナの成長速度や体格も向上し、病気等のトラブルも減少しています。

      
※ヒナの体重等はすべて大切なデータとして記録される(左)と各種サプリメント及び乳酸菌の数々(右)






●徹底した衛生管理


ヒナはウイルスの低減・カビや細菌の抑制・ホルムアルデヒドの除去等高い効果のある塗料(アレスシックイ)でコーティングされた室内にて、独自に開発した、器内の空気を清浄に保つフィルターのついた保育器と人間の赤ちゃん用の保育器で個々に育てられます。
部屋には換気扇により常に空気が循環し、出入りには衛生的な衣類を着用します。地面には消石灰を、食器類、部屋、衣類等においてはビルコンSを用いて定期的に殺菌消毒し、徹底した衛生管理を行っています。

       
※当社お手製の保育器(左)と各種消毒剤(右)






●鳥への愛情


ロロスは他店とは違い大型インコ・オウムのみを扱う専門ブリーダーです。そのため羽数が少ない分1羽1羽にかけられる時間が違います。
ヒナは当然ですが、一人餌になりある程度大きくなっても毎日の体重記録は欠かせません。これは体重減少による体調変化にすぐさま対応できるようにすると同時に、ステップアップの訓練にもなっています。
また、ヒナ鳥は人でいう保育園にあたる運動場で他の鳥や親(=人)と一緒に遊んだり、競い合ったりしながら自由に飛び回り、他の鳥や人との関わり合い方を学んでいきます。そうすることで、将来的に鳥か人どちらかに偏った鳥にならないようにしています。

    
※体重測定(左)とたくさんの同世代の仲間に囲まれてのびのびと育つ鳥たち(右)




copyright © Since 2003 LorosBirdFarm all right reserved.