お問い合わせTOPへブログへ >>BY Loros Bird Farm
▼TOP >初めて飼われる方へ >鳥を飼うとは




飼いやすい生き物とは程遠い印象を持たれがちな大型インコとオウムたち―。
生き物である以上安易な気持ちで飼うべきではありませんが、本当に家族に迎えるには敷居の高い気難しい生き物なのでしょうか?
ここではその生態に沿って真実の姿に迫っていきたいと思います。



●5感

5感とは聴覚、視覚、味覚、嗅覚、触覚のことです。
多くの哺乳類において特に発達していると言われているのは嗅覚や聴覚で、これらの能力を用いて情報交換をします。例えば、マーキングが嗅覚、遠吠えが聴覚を利用したものです。
一方、鳥類はというと、視覚と聴覚が発達しており、それらに頼ったコミュニケーションを取ります。遠くの仲間を呼ぶときに鳴き声を使うのは哺乳類と同じですが、仲間であるかどうかを知るためには、匂いで確認するのではなく、色や模様、声などで見分けます。



●社会性

大型インコ・オウムは繁殖期以外は大きな群れの中で生活しています。群れの中では羽繕いをし合ったり、遊んだり鳴きあったりといったコミュニケーションを常に取り合っています。性成熟するとつがいとなり一生パートナーを変えることはありません。飼育下ではそのパートナーは飼い主さんなどの近しい人にあたります。


●寿命と発達

大型インコ・オウムの寿命は大変長く、飼育下では通常40年程度、最高80年とも120年とも言われています。そのため大人になるのも長く、生まれてから4年程かかります。また、家庭への馴致やしつけは反抗期(2~3歳)前のヒナ鳥ほどスムーズで、成鳥ほど難しいですが、性成熟によって大きく性格が変わる個体もいます。


●しつけ

彼らが特に敬遠される理由の1つにその大きな嘴があります。野生下では木の実を割るのにも使われるため、本気で噛めば人間の骨を砕く力は十分にあるでしょう。しかし、人間が仲間だと理解出来れば犬や猫のように絶妙な力加減で愛情表現を示してくれます。

元々小さい時には弱い力でしか噛みません。それが知恵を付けていき、強く噛めば自分にとって不利な状況から解消されることを学習し強く噛むことを学んでいきます。鳥同士での羽繕いを観察していると、少し力が入った時に、されている側は「ギャッ」と鳴いて相手を見つめ、相手は少し考え、もう一度羽繕いを開始します。それと同じように人と共に生活するときには、噛みが強くなってしまった場合に「痛い!」とはっきりと大きく、強い口調で伝えて相手の目を見て、少し考える時間を与えてあげます。その後は力を加減出来たら褒めてやります。彼らは基本的に楽しいこと、人に注目されることが大好きです。そのため、しつけには叱るより褒めてやることが重要です。







●美しい姿


彼らの美しい姿や行動は、古くから多くの人々を魅了してきました。
海外の年代ものの絵画には貴族の姿と共にオウムやインコが描かれておりますし、わが国でも「枕草子」には「異国の鳥なのに一生懸命日本語をまねる姿が胸にしみる」という清少納言の一文が登場します。高貴なペットとして珍重され、孝徳天皇の時代より大事な国交の証として送られるケースもあったように、その姿と存在感には現代に生きる私たちをも圧倒します。


●おしゃべり


「オウム返し」という言葉があるように、彼らは巧みに人の言葉を真似ることが出来ます。ただ、意味もなく真似ていると思われがちですが、実際は仲間とのコミュニケーションの一種として言葉を覚えるようです。
多くの鳥で方言のようなものがあるように、まず親や仲間から言葉を聞き取る練習をし、その単語が発音できるように練習をする。その後、使い方を真似て試行錯誤しながら覚えていき、人と同じように単語を習得していきます。


●豊かな表情


犬や猫とは違い私たちの普段の生活で見かける機会の少ない大型インコ・オウムですが、彼らも非常に多くの表情を全身で表現することに長けています。嬉しいときには背を低くして、全身を膨らませ嘴をパクパクさせたり、楽しそうに話しかけてきたり、ぴょんぴょんと飛び跳ねたりします。落ち込んだときには、上目使いになったり「く〜」と細く鳴いたりします。
怒ったときやびっくりしたときにはとさか(冠羽)を広げて威嚇したり、背を反らせて全身の羽を膨らませます。満足した時にはブルッと身震いさせ、眠たい時にはくちばしをこすり合わせます。気分が高揚して、テンションが最高潮に達したときには声を張り上げ、全身を動かしてアピールします。そして、何よりスキンシップが大好きです。彼らにとって羽繕いは愛情表現であり、触ることだけでなく、話しかけられること、一緒におもちゃで遊ぶこともれっきとしたコミュニケーションなのです。








●大型インコとオウムの現実

野生下における大型インコ・オウムは乱獲や生息環境の減少により数を減らし、現在は絶滅に追いやられています。近年、世界中の国々が保護に乗り出し、流通する個体はほとんどが繁殖個体になってきました。ただ、規制が強くなることで例え繁殖個体でも流通が狭まっており、今後わが国の動物園館の飼育個体の高齢化も相まって、実物が見られなくなる日もそう遠い未来ではないと言われています。
当社で誕生した鳥たちは、人に愛されるだけでなく、そんな元いた住処の現実を私たちに痛感させ、地球環境の大切さを人に伝える架け橋としての役割も担ってくれるのではないかと考えています。








┃出典・引用元┃
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101701000845.html
http://www.kariginu.jp/kikata/asobi.ht




☆コチラもどうぞ☆


⇒当社で取り扱う各鳥種についてご紹介


⇒当社でのヒナ鳥生育風景のご紹介


copyright © Since 2003 LorosBirdFarm all right reserved.